時刻、特にシステムで何か設定するときとか、海外とやり取りするときに出てくるGMTとかUTCとか。知識として持っているけど、いつでもさらさら説明できるわけではないし、日本の標準時刻のJSTとの差とかもよく忘れるので雑にかつ備忘録的に。

まず、時間には、世界時と原子時という2つの時間が存在してる。

世界時というのは、 天文観測に基づきイギリスのグリニッジを基準にした世界で共通の時間でUT(Universal Time)と呼ばれている。GMT(グリニッジ平均時はグリニッジ(経度0度)を正午の基準としている時間で、一般的な意味合いではUTとほぼ同じ。

対して原子時というのは、セシウム原子(これが何かはさておき)を使った、要するに年単位でみてもほとんどずれることのない時計が刻む時間。基準時計として最も安定した原子時計が採用され、1958年1月1日0時0分0秒の世界時を原点としてスタートしたのが国際原子時。

ところが、 地球の自転の影響を被る世界時と、かなり精密な国際原子時との間にはどうしても誤差が生じる。なので、この誤差うるう秒として調整したのがUTC(協定世界時:Coordinated Universal Time)で、地球での日常生活の基準になっている時間はこのUTCということになる。

逆に調整直後であれば、GMTとUTCも≒ではあるとも言えるけど、そのnearをどのくらいの単位でみるかなのかな。1秒くらいは関係ないというなら基本的には=になっているはず。

さて、最後に日本標準時(JST)だけど、これは東経135度の明石として小学校のとき習ったと思うけど、GMTにプラス9時間、もしくはUTCにプラス9時間ということで、GMT+9、UTC+9と記載されている。この2つのどちらがいいの?というのはあると思うが、以前はGMT+9が主流だったが、近年はUTC+9が主流になっている様子。

いずれにしても日常生活くらいのレベルであれば、以下を覚えておけば問題ないはず。

・GMT≒UTC

・JST=UTC+9


Similar Posts (Posts or dissimilar):関連するようなしないようなエントリの抜粋